対馬の自然と文化拠点半井桃水館
対馬の自然と文化拠点半井桃水館
対馬の自然と文化拠点半井桃水館
対馬の自然と文化拠点半井桃水館
対馬の自然と文化拠点半井桃水館
対馬の自然と文化拠点半井桃水館
対馬の自然と文化拠点半井桃水館
対馬の自然と文化拠点半井桃水館
対馬の自然と文化拠点半井桃水館
対馬の自然と文化拠点半井桃水館
対馬の自然と文化拠点半井桃水館

半井桃水館Nakarai Tosui Kanへようこそ

対馬市まちづくりコミュニティー支援交流館「半井桃水館」は、長崎県対馬市厳原町中村地区の半井桃水生家跡に建設された交流施設です。また桃水関連の資料の展示、市民の交流の場の提供(貸館業務)等のサービスなども行っています。


나카라이 도스이 관
2006년 나카라이 도스이의 생가 터(나가사키 현 쓰시마 시 이즈하라마치 나카무라)에 건설된 기념관으로, 마을 조성을 통해 관광, 문화 진흥을 도모하고 지역 활성화에 기여하는 장소로 활용되고 있다. 나카라이 도스이는 메이지 시대부터 다이쇼 시대에 걸쳐 활약한 소설가로, 「조선에 부는 모래바람(胡砂吹く風)」, 「덴구회람(天狗廻状)」등 많은 소설을 아시히 신문에 발표한 인기 작가이다.


体験メニュー

半井桃水館

半井桃水館の開館日・休館日
  • 定休日 :火曜日
  • 開館時間:9:00~18:00
  • 申し込みがあれば、21:00まで対応します。
半井桃水館の住所・連絡先
  • 〒817-0013
  • 長崎県対馬市厳原町中村584番地
  • TEL・FAX:0920-52-2422
ギャラリー喫茶 まんまや

営業時間 11:00~16:30(オーダーストップ16:00)
 店休日 毎週火曜日と第一、第三日曜日
  TEL 090-4348-9587(くりやま)

【主なメニュー】
●日替わりランチ 800円(コーヒーセット1000円)
●まんまや定食 550円(水・木・金曜日のみ)
●そば 650円
●ぜんざい 350円
●コーヒー 350円
*毎月店内ギャラリーの展示品が変わります。(出展者も募集中)

NPO法人「対馬郷宿」(つしまごうしゅく)名前の由来

中世から江戸時代にかけて、対馬は8つの「郷」(北から豊崎・伊奈・佐護・三根・仁位・与良・佐須・豆酘)
に分かれており、それぞれの郷が府中(厳原の中心部)に宿泊施設を運営し、「郷宿」と呼ばれていました。
府中での仕事が終わるまで郷宿に泊まり、そこで情報交換や交流を行っていました。
「対馬郷宿」には、対馬に関心を抱く人々が集い、交流し、島の将来について考える場となる、
という決意が込められています。

沿革

「中心市街地元気再生協議会」を母体として、平成18年4月に設立された特定非営利活動法人(NPO法人)です。
平成18年7月にオープンした、対馬市まちづくりコミュニティー支援交流館「半井桃水館」の指定管理者として
さまざまな地域振興の活動に取り組んでいます。


会に入って街づくり活動を実現したい方、会員は常時募集中です。
・年会費:10,000円
・活動に賛同してくださる賛助会員も募集中です。年会費:3,000円
*お申込み、お問い合わせはメール、FAXでも受け付けます。NPO法人対馬郷宿(担当:鍵本)

FAX 0920-52-2422 メールはコチラ

当館にご協力及びアドバイスいただいている方々(敬称略)

  • 黒田 しのぶ
  • 野口 碩
  • 高橋 和彦
  • 森 まゆみ
  • 柚谷 圭三
  • 樋口一葉記念館
  • 酒井 勝記(NPO対馬郷宿 学芸員)
  • 谷田 有史(たばこと塩の博物館)
  • 津田 紀代(ポーラ文化研究所)

半井桃水と樋口一葉の作品は近代デジタルライブラリー(国立国会図書館)のホームページにおいて、インターネットで閲覧可能なデジタル化資料として公開されています。

画面背景のどこかをクリックするか、ESCキーで戻ります。